防犯対策に求めるもの

防犯目的なら高画質カメラ

駐車場

住宅の防犯対策として駐車場に防犯カメラを設置する場合には、その選び方が重要になります。
防犯カメラを自分で取り付けるのか、それとも専門業者に取り付けてもらうのかによって費用が大きく異なってきますし、どのような防犯カメラを取り付けるかも変わってきます。
しっかりとしたものを駐車場に取り付けたいのであれば、専門業者に設置を依頼し、高精度の防犯カメラを選ぶ必要があります。
最近のカメラは、高画質で長時間録画可能なものがありますし、宅内のモニターで監視することができるものもあります。
特に、画質はできるだけ高画質のものを選ぶことが大切です。
駐車場のように外から侵入しやすい場所は犯罪者に狙われやすいので、侵入を抑止するという意味で防犯カメラは大きな効果がありますが、高画質のカメラであれば犯罪が起きた時の証拠としても採用されるからです。
駐車場に取り付けるときに注意しなければならないのは、自動車が置かれている時や置かれていない時がありますので、死角がないように注意することです。
設置する時には自動車を置いていない場合が多いですが、いざ監視を始めると自動車が邪魔になることがあります。
そのため、効果的な設置をするためには専門業者に依頼することが一番です。
防犯カメラを選ぶ場合、自分で取り付けるなら1万円程度からありますが、その程度のカメラでは抑止力しか期待できません。
本当に防犯カメラとしての機能を期待するのであれば、15万円程度の費用を出して3台まとめて取り付けることが重要です。

役立つアイテムとは

警備員

戸建てに住んでいると防犯対策には何かと気を使いますが、意外とおろそかになりがちなのが駐車場です。
特に、最近はオープン外構が増えてきているので、駐車場に簡単に侵入できるようになっている家も多く、自転車などを置いておくと簡単に持って行ってしまわれる事件も多発しています。
そこで、いかにして駐車場の防犯力を高めるかですが、手軽かつ効果的な方法として防犯カメラを設置するというやり方があります。
防犯カメラが付いているということが分かるだけでもそれなりの防犯効果は期待できますが、照明と一緒になっていて人感センサー付きのものであれば、音と照明の両方で侵入者を威嚇することができるためさらに有効な対策となります。
気になる防犯カメラの価格も安いものでは数万円から少し高機能のものでも10万円もしないくらいで入手可能です。
機能も様々で、単に写した映像を記録しておくだけのものから、リアルタイムで動画を送信してスマートフォンで見ることができるものや、さらには不審者がいた場合に家の中や外出先から防犯カメラに内蔵されているスピーカーフォンを通じて呼びかけることができるようなものまであります。
実際に設置した人の口コミを見ても、「これまで何度か駐車場に止めていた自転車を持って行かれたため防犯カメラを設置したが、その後は盗難は起きておらず安心して住めるようになった」といった趣旨のコメントが多く掲載されているなど、高い防犯効果が示されています。

監視という重要な役割

防犯カメラ

スーパーマーケットや商業施設の駐車場の各所には防犯カメラが設置されています。
一般の駐車場では車両盗難、パーツ窃盗、車上荒らしなどがあります。
また、商業施設やスーパーの駐車場では車上荒らしはあったとしても、パーツ窃盗や車両盗難などは時間が掛かり人目が多いことから少ないでしょう。
駐車場や店の内には「駐車場内でのトラブルはお客様本人で対処してください」「駐車場内でのトラブルは責任を負いません」などの文言が表示されています。
このような表示をすることでお客さんに十分に注意していただき、施錠などを促すのと責任の回避の目的があります。
では、何のために駐車場内の各所に防犯カメラが設置されているのかと言えば、施設側の高いセキュリティ管理により、安心して駐車し、お買い物やサービスを受けてもらうという理由があります。
また、駐車場では様々なトラブルが発生します。
精算されていない商品の車への積み込みや、場内での喧嘩、場内での事故、当て逃げ、それ以外の犯罪など直接車に関係ないトラブルもあり、それらは駐車場という管理する敷地内で起こります。
万が一、何らかのトラブルが発生した場合に録画により、そのトラブルの原因や関わった人間、時間や状況などを映すことで解決への糸口となります。
また、中にはごみの放置や持ち込み、身障者スペースへの健常者の駐車、お買い物カートの放置など様々な状況が把握できます。
警備室などで防犯カメラの画像がタイムリーに監視でき、お客さんの来店状況なども把握できます。
無料の駐車場を持つ施設では、お客以外の人が車を長時間放置するケースもあり、防犯カメラで車両や人の確認が出来れば注意も促せます。

防犯対策に求めるもの

駐車場

防犯カメラを駐車場に取り付ける場合には、その目的によって選ぶ必要があります。抑止力を求める程度なら、1万円くらいのものを自分で取り付けても十分です。ただ、それなりの機能を求めるのであれば、高画質のものを3台15万円くらいで専門業者に取り付けてもらうことがお勧めです。

もっと読む

車上荒らしを威嚇

カメラ

車上荒らしにより、車からはお気に入りの私物が盗まれたり、車自体が壊されたりします。しかし駐車場に防犯カメラを設置すれば、車上荒らしは近寄りにくくなります。ただし、目立つ上に高い場所に設置しておく必要があります。また、電気の供給ができる場所を選んだり、防雨型の延長コードを用意したりすることも大事です。

もっと読む

防犯用のカメラシステム

ガードマン

最近の防犯カメラは、カードやデッキ、インターネット上に設けられたファイルスペースなどに撮影した画像を保存します。駐車場等を監視する場合は、長時間録画が出来るタイプや画像が鮮明なタイプを選ぶと、防犯効果が高くなります。

もっと読む