防犯用のカメラシステム

遠隔地から状況を監視

ガードマン

録画が出来る防犯カメラは、駐車場などの広い場所を監視するのにも役立つ防犯商品です。
24時間人が監視をする必要がなくなり、遠隔地からでも楽にその場所の状況が分かるのが、最近の防犯カメラです。
録画のシステムには何タイプかあり、用向きや使い勝手で選ぶことが出来ます。
手軽に使用出来るのが、カードに録画するタイプの防犯カメラです。
このような防犯カメラで使用するカードは、携帯端末やパソコンで画像のチェックが出来るのが魅力ですが、カードの容量によって、可能となる録画時間が変わります。
コンスタントに画像の確認が出来る場合は、こういったカード式の防犯カメラが1つの選択です。
デッキで画像を録画する防犯カメラは、基本的には有線で情報をやり取りします。
ケーブルを使用してカメラとデッキを接続し、撮影画像を記録していくのがこちらのタイプです。
無線タイプよりも画像の安定性が高く、駐車場などをしっかりと監視したい場合にも適します。
近ごろは、録画した画像ををネット上に保存出来るシステムも導入されており、家庭での画像管理も大幅に楽になっています。
防犯カメラは、録画した画像の質が重視されます。
駐車場などでは、車のナンバーの特定が求められる状況も考えられます。
従って、駐車場で使用する防犯カメラを見つけるには、録画機能に着目するのが良い探し方です。
日付の設定や確認がしやすいタイプは、画像をチェックするに当たっても正確な情報が得られます。

業者選びのポイント

防犯カメラ

車上荒らしなどの犯罪から愛車を守るために有効なのは、駐車場に防犯カメラを設置することです。
駐車場に防犯カメラを設置すれば犯人を特定するために役立つだけでなく、犯罪自体を減らす抑止力としても期待できます。
駐車場に防犯カメラを設置するためには、防犯についての知識を必要とします。
具体的には設置する場所や防犯カメラの性能などです。
これらは自分で詳しく調べて理解することもできます。
しかしながら防犯カメラの設置において、より防犯効果を高めるには専門業者に設置を依頼するほうが良いでしょう。
駐車場などの場所に防犯カメラを設置してくれる業者はたくさんあります。
その中で信頼できる業者を選ぶには、いくつかの点に着目する必要があります。
まずその業者に防犯設備士や総合防犯設備士がいるかどうかです。
防犯設備士・総合防犯設備士とは、防犯設備機器についての詳しい知識を持ち、正しく運用する技術を保持していることを証明する資格です。
防犯設備士よりも総合防犯設備士のほうが詳しい知識を持っていますが、どちらも専門家であることは変わりありません。
防犯設備士もしくは総合防犯設備士の資格を持っているスタッフであれば、安心して設置を依頼することができるでしょう。
次に対応の早さです。
防犯はできるだけ早く行うことが重要です。
当たり前ですが、一日でも早く防犯に取り組めばそれだけ効果を期待できます。
設置するまでにスピード感を持って取り組んでくれる業者であれば、信頼できると言えるでしょう。
そのほかにも適正料金であるかや、設置実績がどれだけあるかなどにも着目すると良いでしょう。

利用する台数を決めておく

車

近年、駐車場内で起こるトラブルが増えており、特に人の少ない駐車場では盗難、当て逃げ等が多発しています。
そんなトラブルを防止する為に役立つ物が防犯カメラです。
防犯カメラを設置することで、運転手の顔、車種、ナンバーを記録する事が可能となります。
また、防犯カメラが設置してある事を周囲に知らせる事で犯罪防止に繋がり、安心して利用される方も増えます。
駐車場の防犯カメラを設置する際に必要な物は、ナンバープレート用のカメラ、夜間でも鮮明に撮影できる赤外線カメラ、撮り溜めが可能なレコーダーです。
また、ネットワーク環境を整える事で場所を選ばず防犯カメラ映像を確認する事も可能です。
大きめの駐車場になると、それだけ防犯カメラの台数も多くなってきます。
購入すると一台に10万円前後必要になる事も珍しくないので、必要台数をしっかり把握させておきましょう。
設置する台数が多くなる場合はリースを利用されるのもお勧めです。
リースは購入するよりも安く利用する事が可能で、故障時でもサポートしてくれるので安心です。
費用を浮かせたい、台数を増やしたい場合はリース専門の業者をチェックしておきましょう。
自宅用の防犯カメラも最近では購入される方が増えています。
自宅の駐車場に設置する場合は、なるべく画質の良いカメラ、赤外線付きカメラを選ぶと良いでしょう。
比較的安く購入出来ますが、余りに安い物は控えるようにしておき、なるべく実際の撮影動画を確認して選んでいきましょう。

防犯対策に求めるもの

駐車場

防犯カメラを駐車場に取り付ける場合には、その目的によって選ぶ必要があります。抑止力を求める程度なら、1万円くらいのものを自分で取り付けても十分です。ただ、それなりの機能を求めるのであれば、高画質のものを3台15万円くらいで専門業者に取り付けてもらうことがお勧めです。

もっと読む

車上荒らしを威嚇

カメラ

車上荒らしにより、車からはお気に入りの私物が盗まれたり、車自体が壊されたりします。しかし駐車場に防犯カメラを設置すれば、車上荒らしは近寄りにくくなります。ただし、目立つ上に高い場所に設置しておく必要があります。また、電気の供給ができる場所を選んだり、防雨型の延長コードを用意したりすることも大事です。

もっと読む

防犯用のカメラシステム

ガードマン

最近の防犯カメラは、カードやデッキ、インターネット上に設けられたファイルスペースなどに撮影した画像を保存します。駐車場等を監視する場合は、長時間録画が出来るタイプや画像が鮮明なタイプを選ぶと、防犯効果が高くなります。

もっと読む