カメラを導入するメリット

得られる防犯効果

車

防犯カメラはIT技術の発展により導入コストが大幅に下がり、また利便性の高いシステムも登場して使いやすくなり、そのため防犯カメラの設置需要は年々高まっています。
その防犯カメラの設置需要の中でも需要が高いのが駐車場に設置することです。
防犯カメラはさまざまな用途に使われていますが、屋外の犯罪のうち発生しやすい場所のひとつが駐車場であるためです。
駐車場で発生する犯罪としては車上荒らしやいたずら、また車自体や車の部品などの盗難などがあります。
また駐車場は犯罪だけでなく自動車同士や自動車と人との事故が起こる可能性の高い場所でもあり、その点において防犯カメラを設置することには大きな意味があります。
防犯カメラを駐車場に設置することにより、犯罪を起こそうとする相手に対しての抑止力が期待できます。
特に見知らぬ内に行われるのが駐車場での犯罪では、発生後に手がかりを探すのが難しいですが防犯カメラがあれば映像を残すことができ事件解決に繋げることができますし、犯罪者がどのような手口で駐車場へ侵入したかを知ることができ、防犯対策にも役立てることができます。
一方で、防犯カメラといえば今までは単に撮影をしているだけといったものでしたが、現代の高機能な防犯カメラであれば不審者の動きを検知して通報したり警告するといったことも可能です。
特に犯罪が多発するような地域においては、これらのシステムを導入すれば犯罪被害を大幅に防ぐことできるメリットがあります。
他にも防犯カメラ以外の方法として有効なのが、警備会社へ依頼して警備員やガードマンを手配する方法です。
警備員やガードマンがいることによって、犯罪者の警戒心が強まり犯罪を防ぐことができるでしょう。
また、何か起こった場合でもすぐに対処できるので安心して警備を任せられます。
防犯対策にも様々な方法があるので、目的に合わせて利用するとよいでしょう。

機能と価格は比例します

防犯カメラ

防犯カメラの価格帯には、かなりの幅が見られます。
高機能な商品は、導入に際して必要になる費用もやや高めです。
防犯カメラの機能は、大体において価格と比例しており、高価格の商品ほど評判も良くなります。
リーズナブルな防犯カメラについては、約1万円台で購入出来るのが最近の電気店や通販ショップです。
安い商品は、大体がSDカードを使用するモデルとなり、別途カードの購入費用がなどが必要です。
こういった安価な防犯カメラに限っては、大手通販サイトでも多数、取り扱います。
素人でも簡単に設置が出来るモデルですが、機能面での評判には製品ごとに賛否両論があります。
約2万円前後の費用を出費すると、高機能な防犯カメラも手に入ります。
こういった防犯カメラは撮影機能に優れ、記録される画像の質も上々です。
5万円前後の商品までそろうため、駐車場の監視を必要としている時には真っ先に選択肢が上がってきます。
カラー撮影に対応出来るモデルも、この価格帯の商品には見られます。
撮影範囲の設定は、住宅や駐車場を監視する時の大きなテーマです。
駐車場を撮影する時には、撮影範囲が広すぎても少なすぎても十分な結果が得られなくなります。
余り撮影範囲が大きいと、駐車場などの広いスペースでは人物の特定が出来ないといった問題が起こってきます。
各モデルの口コミでは、撮影出来る範囲について、利用者の生の声が寄せられており、費用対効果についてじっくりと考えることが出来ます。

車のセキュリティ

防犯カメラ

駐車場でのトラブルに車上狙いや車両盗難があります。鍵をしっかりかけていてもフロントガラスを割られてナビなど金目のものを盗まれてしまうこともあります。そればかりではなく、イタズラや当て逃げなどのトラブルで車に大きなダメージを受けることもあります。最近の車は車載カメラを取り付けていることが多いですが、エンジンが切れた状態ではこれは作動せず、さらに前方のみの撮影しかできません。カーセキュリティーとして防犯アラームやイモビライザー機能が搭載された車も多いですが、巧妙に盗難するケースも多く、当て逃げにはあまり意味がないようです。こうした事態に有効なのが防犯カメラなのです。防犯カメラは、監視という側面から犯罪の抑止効果があり、防犯カメラが設置されている駐車場では、設置されていない駐車場よりも防犯性が5倍以上高くなると言われています。また、防犯カメラの設置により、車庫入れの際に他の車両にぶつけた車が駐車することなく当て逃げた場合、ナンバープレートや車種を録画し、スペックの高い防犯カメラであれば、運転手の顔や特徴まで鮮明に映し出します。これにより、万が一当て逃げが行われたとしても、当て逃げ犯を特定することが可能となります。人身事故でない駐車場内での車両への当て逃げの場合、警察に届け出ても相手が分からない状態であれば、その車両や運転手を探してはくれません。但し、画像などにより、車両や運転手の特徴が証拠として残っている場合は、当て逃げた相手へのアプローチをします。当て逃げた車両を発見すれば、自身の車両保険を使うことなく、また実費を出すというロスを避けることが出来ます。車のセキュリティレベル向上のためにも駐車場の防犯カメラの役割は高く、船橋でも駐車場に防犯カメラを設置するという人が増えています。

防犯対策に求めるもの

駐車場

防犯カメラを駐車場に取り付ける場合には、その目的によって選ぶ必要があります。抑止力を求める程度なら、1万円くらいのものを自分で取り付けても十分です。ただ、それなりの機能を求めるのであれば、高画質のものを3台15万円くらいで専門業者に取り付けてもらうことがお勧めです。

もっと読む

車上荒らしを威嚇

カメラ

車上荒らしにより、車からはお気に入りの私物が盗まれたり、車自体が壊されたりします。しかし駐車場に防犯カメラを設置すれば、車上荒らしは近寄りにくくなります。ただし、目立つ上に高い場所に設置しておく必要があります。また、電気の供給ができる場所を選んだり、防雨型の延長コードを用意したりすることも大事です。

もっと読む

防犯用のカメラシステム

ガードマン

最近の防犯カメラは、カードやデッキ、インターネット上に設けられたファイルスペースなどに撮影した画像を保存します。駐車場等を監視する場合は、長時間録画が出来るタイプや画像が鮮明なタイプを選ぶと、防犯効果が高くなります。

もっと読む